洗顔石鹸の違いによるにきびの発生率

洗顔石鹸の違いによるニキビの発生率というのは、実際どうなっているのでしょうか。ニキビで悩んでいる方にとってはかなり切実な問題ですよね・・・。
結果から書いてしまうと洗顔石鹸の違いによってニキビの発生率は変わります。
市販で発売されている多くの洗顔石鹸には強力な合成界面活性剤が含まれています。
この合成界面活性剤が含まれているとどのような障害があるのでしょうか。

合成界面活性剤によって肌はボロボロに

合成界面活性剤には肌のバリア機能に必要な皮脂や保湿成分までを落としてしまうので、使えば使うほど肌がボロボロになり荒れてきてしまいます。
よくニキビ肌の人にはこまめに洗顔をする方が良いと言われたりしていますが、どんなに皮脂が多い人でも合成界面活性剤が含まれているような洗顔石鹸で洗顔をしていると言う分が落ちてカサカサになり、ニキビができやすくなる環境になります。
ニキビの発生率を少しでも抑えたいのであれば自らの肌が持っている保湿機能をうまく機能させながらニキビ対策をすることが大切になってきます。
例えば固形の洗顔石鹸を使って手で泡立てながら洗顔をすると言うようなことです。
肌に優しい石鹸としてよく挙げられるのが純石鹸です。
ですがこの純石鹸は顔が突っ張る肌が乾燥するといったような症状が現れやすいです。